東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのお土産・グッズ・キャラクターグリーティング・レストランの紹介☆

MezzoMikiのディズニーブログ

バズ・ライトイヤー(モデリング)フォトスポット

パーク外イベント

制作工程を実際に体験!「PIXARのひみつ展 いのちを生みだす サイエンス」

投稿日:

「The Science Behind PIXAR」と題して2015年にボストンサイエンスミュージアムにて初めて開催されてから、アメリカやカナダの8か所で合計150万人以上を魅了した展覧会がアジア初上陸!

ピクサー・アニメーション・スタジオの作品を生みだす技法と科学に迫る展覧会「PIXARのひみつ展 いのちを生みだす サイエンス」が2019年4月13日からスタートしました☆

 

「PIXARのひみつ展 いのちを生みだす サイエンス」

 

会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ 森タワー52 階) 

会期:2019年4月13日から9月16日 ※会期中無休

開館時間:10時00分〜22時00分(最終入館21時30分)

入場料:【一般】1,800 円、【高校生・大学生】1,200 円、【4歳〜中学生】600 円、【シニア(65歳以上)】1,500 円

前売券:1,500円(一般)、オリジナルグッズ付プレミアム前売り券 1,800円(一般) ※無くなり次第終了

 

「PIXARのひみつ展 いのちを生みだす サイエンス」では、普段見ることができないピクサーアニメーション制作の裏側を、制作のカギとなる8つの工程を通してわかりやすく紹介!

ピクサーの魅力的なキャラクターたちがどのように生みだされ、作品がどのように作られていくのか、実際のアニメーションづくりを自分で体験しながらひみつを解き明かすことができるハンズオン展示になっています☆

 

PIXARのひみつ展 イントロダクションシアター 3階

 

PIXARのひみつ展 イントロダクションシアター 3階

 

3階では、映画になるまでの工程を簡潔に紹介してくれるイントロダクションシアターを鑑賞できます。

鑑賞したら展覧会会場(52階)へ!

 

PIXARのひみつ展 8つのハンズオン展示

 

PIXARのひみつ展 8つのハンズオン展示

 

展示会で体験できるアニメーション制作の8つの工程。

PIXARアニメーション作品がどのように生み出され、命が吹き込まれていったのか。

PIXARの作品づくりのひみつを、人気作品の制作工程を実際に体験しながら理解することができる展示です☆

 

バズ・ライトイヤー(モデリング)フォトスポット

 

バズ・ライトイヤー(モデリング)フォトスポット

 

まずはキャラクターの形をつくるモデリング!

バズ・ライトイヤーのフォトスポットが迎えてくれます。

 

1 Modeling/モデリング “キャラクターの形をつくる”

 

1Modeling/モデリング “キャラクターの形をつくる”

 

キャラクターデザインはアーティストがスケッチを描き、マケットと呼ばれる粘土模型でキャラクターの特徴を把握するところからはじまります。

 

マケット

 

次にデジタルモデラーがマケット(粘土模型)をスキャンするなどしてキャラクターのバーチャル3Dモデルにします。

点と点をつないだデジタルワイヤーフレームになった最終状態を”3Dモデル”と呼びます。

 

リギング

 

 

マイク&サリー(リギング)フォトスポット

 

マイク&サリー(リギング)フォトスポット

 

キャラクターの動きをつくるリギングでは、『モンスターズ・ユニバーシティ』のサリーとマイク・ワゾウスキのフォトスポットが迎えてくれます。

 

2 Rigging/リギング “キャラクターの動きをつくる”

 

リギングステーション

 

モデリングで作られたキャラクターをリアルに動かすために仮想の骨や関節、筋肉をつくり、モデルの動きを設計します。

『インクレディブル・ファミリー』の絵がデザインされたアーム リギング ワークステーションでは腕のうごきを設計するリグを選択して、実際に動きを試すことができます。

 

フェイスリギングワークステーション

 

『トイ・ストーリー2』の人気キャラクター「ジェシー」の表情をリグで設計するワークステーションも☆

人間の顔には43の筋肉がありますが、キャラクターの顔には表情をつけるための動きの支点が700以上も必要とのことです。

 

3 Surfaces/サーフェイス “表面の見え方を決める”

 

サーフェイス

 

サーフェイシングアーティストは素材は何か、新品か、古びているかなどを、シェダーと呼ばれるコンピュータープログラムで表面加工します。

 

Surfaces/サーフェイス “表面の見え方を決める”

 

こちらのコーナーでは、タッチスクリーンで車のボンネットをデザインする体験ができます。

 

サーフェイス ハンズオン展示

 

さび仕上げやピカピカ仕上げも☆

 

4 Sets & Cameras/セット&カメラ “物語の世界をつくる”

 

Sets & Cameras/セット&カメラ “物語の世界をつくる”

 

セットデザイナーがバーチャルの世界を構築。

フレーム内でのセットの見え方を検証し、ストーリーの文脈や背景、情感を伝えるため建築家のように地面から仮想世界を構築していきます。

そして、カメラアーティストが構成・カメラアングル・レンズの種類などを選択。

スクリーンに映し出される物を形にしていきます。

 

カメラ&セット 目線

 

木の根元から顔をだし、まるで小さな虫たちになった気分でセットの見え方を検証できます。

 

カメラ&セット

 

こちらでは、モニターでカメラアングルなど選択する作業が楽しめます。

 

ウォーリー(セット&カメラ)フォトスポット

 

ウォーリー(セット&カメラ)フォトスポット

 

『ウォーリー』のフォトスポット。

ウォーリーとカラフルなブロックでカメラの基本、カメラがどのようにシーンを切り取っているのか、

 

カメラの基本

 

カメラワークでの視線の誘導などが学べます。

 

5 Animation/アニメーション

 

アニメーション 説明

 

キャラクターに命を吹き込むアニメーション。

アニメーターが望む感情をキャラクターに表現させます。

 

エドナ(アニメーション)フォトスポット

 

エドナ(アニメーション)フォトスポット

 

『Mr.インクレディブル』に登場するエドナ・モードのフォトスポットでは、

 

アニメーション コマ送り体験

 

1秒間に24フレームの枚数でつくられるピクサーの動画をハンドルを回転させることで再生。

 

エドナ

 

コマ送り体験ができます。

演技をじっくりみることができ感情表現の違いがよくわかります。

 

ストップモーションアニメーション

 

ストップモーション アニメーションでは、

 

ルクソージュニア

 

緑の手からオレンジの手までランプをすこしずつ動かし随時写真撮影!

 

ランプをジャンプさせるアニメーション

 

再生ボタンを押すと自分だけのアニメーションが見られます☆

 

6 Simulation/シミュレーション

 

 Simulation/シミュレーション

 

シミュレーションプログラマーがキャラクターの髪の毛、毛皮、衣類が本物のように動くようプログラミングします。

 

シュミレーション オン

 

『メリダとおそろしの森』でのメリダの巻き髪をつくる話も聞くこともできます。

 

7 Lighting /ライティング

 

Lighting /ライティング

 

照明デザイナーが、照明効果で観客の視点を誘導し情感あふれるシーンを表現するため、光の色や位置、明るさなどをコンピューターでバーチャル照明をつくります。

 

照明調節

 

照明を調節することでシーンの雰囲気が変わる様子を体験できます。

 

ドリー(ライティング)フォトスポット

 

ドリー(ライティング)フォトスポット1

 

ドリーのフォトスポットでは

 

ドリー

 

照明を調節し記念撮影ができます。

 

8 Rendering /レンダリング 

 

レンダリング

 

最終的な映像へと仕上げるレンダリングの工程。

バーチャルな3Dシーンを2Dイメージ画像に変換します。

 

Rendering /レンダリング 

 

こちらでは、ピクセルのイメージから高解像度へとレンダリングされる様子を体験できます。

 

 

モデリング リトルグリーンメン展示

 

他にも映画制作についての

 

外見をかえる体験

 

体験展示が盛りだくさんです!

 

ピクサーで働く人たちの声

 

PIXARのひみつ展オリジナルグッズ

 

PIXARのひみつ展オリジナルグッズ

 

さらに「PIXARのひみつ展」でしか手に入らないオリジナルグッズを「PIXARのひみつ展スペシャルショップ」にて販売☆

 

Tシャツ・トートバッグ

 

蓄光Tシャツ

 

蓄光Tシャツ

 

キッズ価格各4320円

価格各4860円

『トイ・ストーリー』シリーズの主人公「バズ・ライトイヤー」がデザインされたTシャツ

暗闇で光る蓄光仕様になっています。

 

マグカップ

 

マグカップ

 

価格各1944円

内側が鮮やかなマグカップ。

「PIXARのひみつ展」のロゴとキャラクターがデザインされています。

 

タンブラー

 

タンブラー

 

価格各1,944円

シルエットがおしゃれなタンブラー。

 

アクリルスタンドコレクション

 

アクリルスタンドコレクション

 

価格各540円

マス目デザインのスタンドがついたかわいいアクリルスタンド。

 

ステッカー

 

ステッカー

 

価格各540円

暗闇になると発光する蓄光ステッカー。

 

iPhoneケース7/8

 

ウッディ・バズ・ライトイヤーiPhoneケース

 

価格:各2,916円(税込)

ウッディやバズ・ライトイヤー、

 

サリー・マイクワゾウスキiPhoneケース

 

サリー、マイク・ワゾウスキのiPhoneケース。

 

トートバッグ

 

トートバッグ

 

価格各3,672円

モノクロでプリントされたトートバッグ。

 

トートバッグ・バッグ

 

タオル

 

タオル

 

価格各1512円

ピクサーキャラクターのタオルは主人公キャラが盛りだくさん!

 

きんちゃく

 

きんちゃく

 

価格各864円

キャラクター、マス目デザイン、ロゴが素敵な巾着。

 

クリアホルダ・ボールペン・ノート

 

カラビナキーリング

 

カラビナキーリング

 

価格各972円

「PIXARのひみつ展」のロゴとカラフルなカラビナ、キャラクターのコントラストがおしゃれなカラビナキーリング。

 

ポストカード

 

他にも、ポストカードや

 

クリアフォルダ・アート

 

クリアフォルダなどなどたくさんの限定品が販売されています☆

 

オリジナルB5下敷きプレゼント

 

対象:2,000円(税込)以上お買い上げの方、先着25,000名様

期間:4月13日~
※なくなり次第終了
※1会計につき1枚配布。

「PIXARのひみつ展スペシャルショップ」にて、オリジナルグッズを合計で税込み2,000円以上お買い上げの方、先着25,000名様を対象にPIXARの人気キャラクターをデザインしたB5サイズのオリジナル下敷きをプレゼント。

 

ゴールデンウィークSPECIAL企画!「お子様無料4DAYS」

 

日程:5月3日(金・祝)、5月4日(土・祝)、5月5日(日・祝)、5月6日(月・休)

開館時間:10:00~22:00(最終入場21:30)
※屋上スカイデッキは11:00~22:00(最終入場 21:30)

対象:4歳~中学生

内容:お子様入館料無料 ※通常600円+スカイデッキ300円

六本木ヒルズ展望台では、5月3日(金・祝)~5月6日(月・休)の4日間、中学生以下のお子様を対象に、52階 屋内展望台、屋上スカイデッキ、森美術館に無料で入館できるゴールデンウィークSPECIAL企画が実施されます。

「PIXARのひみつ展」も無料で楽しめます!

 

100名限定!早朝開館

 

日程:5月18日(土)、6月22日(土)、7月21日(日)、9月7日(土)
※日程の追加も検討中です。

時間:9:00~10:00 ※10:00以降もそのまま展覧会を楽しむことができます。

価格:展覧会入場料(当日料金)

定員:100名

応募方法:展覧会webサイト専用応募フォームよりエントリー
https://www.tokyocityview.com/pixar-himitsu-ten

貸切でゆっくりと展覧会を楽しみたい方におすすめの早朝開館。

休日の朝、通常の開館時間より1時間早く開館されます。

会期中の早朝開館日には、展覧会の見どころをスタッフが解説する早朝展覧会ツアーの実施も予定されています。

 

PIXARのひみつ展

 

PIXARアニメーション作品がどのように生み出され、命が吹き込まれていったのか。

PIXARの作品制作工程を実際に体験しながら理解することができる「PIXARのひみつ展」

映画は芸術でありテクノロジー。

複雑な数学や科学が隠れていますが、映画をつくっているのはコンピューターではなく人間。

映画製作での想像力(イマジネーション)の大切さもよくわかる展示になっています。

制作工程を実際に体験!「PIXARのひみつ展 いのちを生みだす サイエンス」の紹介でした。

-パーク外イベント

Copyright© MezzoMikiのディズニーブログ , 2019 All Rights Reserved.